Apple Watch 売却前に ~初期化方法~

2016.01.15

Apple Watch 売却前に ~初期化方法~

2016.01.15

カテゴリー:アップルウォッチシリーズ, ノウハウ

アップルウォッチを売る前には初期化をしてペアリングの解除とアプリやコンテンツ・設定を消去しましょう。


アップルウォッチ初期化方法を紹介します。

初期化はアップルウォッチ本体からでもペアリングしているiPhoneからでも行うことができます。


1.アップルウォッチ単体での初期化


1-1.アップルウォッチのホーム画面から「設定」を選択

アップルウォッチの「デジタルクラウン」を数回クリックしてホーム画面を表示して「設定」を選択します

img-knou-how-000018


1-2.「すべてのコンテンツと設定を消去」

「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。

img-knou-how-000019

パスコードを設定している場合は、パスコードを入力する必要があります。

img-knou-how-000020

1-3.アップルウォッチ初期化の確認

確認画面が表示されるので「続ける」を選択すると、アップルウォッチの初期化が開始され、すべてのコンテンツと設定が消去されます。

初期化が完了すると、初期設定画面が表示されます。


2.ペアリングされているiPhoneからの初期化


2-1. iPhoneの「Apple Watch」アプリから「リセット」画面を表示する

アップルウォッチとペアリングしているiPhoneのホーム画面で「Apple Watch」アプリを起動します。

img-knou-how-000021

「マイウォッチ」タブから「一般」をタップし、「リセット」を選択します。


2-2.リセット画面より「すべてのコンテンツと設定を消去」

「リセット」画面内から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

画面の下の方に表示される「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、確認画面で「すべてのコンテンツと設定を消去」を再度タップすると、アップルウォッチの初期化が開始されます。


2-3.アップルウォッチの初期化が開始される

アップルウォッチの初期化が開始され、すべてのコンテンツと設定が消去されます。

初期化が完了すると、初期設定画面が表示されます。